脳科学

【女性なのに男性脳】特徴・考え方を知ると悩みがなくなる

スポンサーリンク

今回は、「男脳・女脳」についての記事です。私は自分の脳・考え方について悩みを持っていました。ある本の診断を受けて楽になったので、同じような悩みを持つ方にも知っていただきたいと思います。

スポンサーリンク

脳の考え方の違いについて苦しんだ日々

初対面の人や、私をあまり知らない人は、私のことを「女性らしい人」「ほんわかしている優しい人」「愛想が良い人」と思っていて、彼らはそう私に言います。優しくて難しいことは考えていないようなそういった風に捉えているのです。

しかし、本当の私は実際そうではありません。

【本当の私】
・とりとめないおしゃべりに関心ない
・頭の中でじっくり考え、解析が得意な思考型
・複雑な物事に興味を持ち問題解決を好む
・強い感情は弊害があると理解しているため、気持ちをコントロール
・論理的に筋が通らなければ許せないところがある
・競争心、野心が強い

そのため、女性らしいとは「本当は全く違うのにな」と心の中では思っていて、「でも女性なんだから、女性らしく共感力があって、愛想が良くているのが当たり前なんだろう」「それが上手く生きていくのに必要だ」と思い、同時に自分の考えが間違っている・自分はなんて冷たい人間なんだろうと苦しくなりました。

私は女性で女性の脳なのに、なぜ内側と外側をこんなにも補正をしなくてはいけないのだろう?なぜ、男性の考え方の方が共感することが多いのだろう?

男脳・女脳の違いの本に出会って分かったこと

ある時、『話を聞かない男、地図が読めない女』という世界的にもベストセラーになった有名な本と衝撃的な出会がありました。

これは、男性と女性の脳の違いについて取り上げた本です。この本では、「男性はこうだ」、「女性はこうだ」とその特徴が紹介されていて、読む人にとっては全員の男性・女性がこうだとは言えないだろう!と頭ごなしに批判をする人もいましたが、私にとってはとても興味深い内容だったのです。

▼男脳と女脳の本【新装版】▼

スポンサーリンク

女性なのに男脳が高い診断結果

男性脳 女性脳『話を聞かない男、地図が読めない女』で紹介された興味深いテストがありました。テストは本の中で小さいものも含めたくさんありましたが、印象に残ったのは以下の2つのテストでした。

一つ目が「男脳・女脳テスト」です。脳のパターンが男性的か、あるいは女性的かを30問の問いに回答することで、結果が分かるという内容でした。
※詳しい内容は実際にご自身でご覧下さい

テスト結果は、下が-40点、上が330点。
男性の多くが0〜180点、女性が150〜300点と言われています。
180点〜150点が「オーバーラップ」と呼ばれるラインで、こちらは男性・女性の中間となります。

私はなんと30点で、かなり男脳であるという結果となりました。
ちなみに私の家族にもテストを行ってもらいました。その結果をまとめると以下です。

父:30点
母:150点
姉:160点
姉:140点
私:30点

私の父と私の数値が同じ結果でした。私の父は、難関大学の理系出身で、かなり男性的な考えを持っている人です。父は驚いていましたが、私は母や姉たちの会話よりも父との会話の方が私にとっては興味深く、父の考えが他の兄弟たちより理解できていたので、私は父と似ているだろうと思っていました。

母や姉たちも、女脳よりも中間という結果のように、家族みんなサバサバしています。(でも仲は良いですよ)私の家族には女脳が強い女性はいないという結果になりました。だから私の家族は私にとって居心地が良いのだなと思います。

男性が得意な空間認知力問題が解けた

男性脳 空間認知力二つ目が、「航空管制官の適用審査用に開発されたテスト」です。内容は平面図を組み立てた時にできる箱の正しい模様を選ぶというもので、4問あります。このテストで正解できるのはほぼ男性で、女性はこのテストにどれだけ時間を取っても無駄だと言われていますが、私は全問答えることができました。

この本とは別の脳の診断テストでも、「一部のスポーツに必要不可欠な空間認知能力や、理工系の分野で必要な数学的推理力などに、才能を発揮するタイプ」と診断されていました。私は小さい頃から空間的なビデオゲームにも親しんでいたので、もしかするとそれもプラスになっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

男脳が高い、それが分かっただけで救われた

例に挙げた二つのテスト結果で、私は男脳が高いということが分かりました。「女性なのに男性の脳の方が強い」ということで、何も騒ぐことはありません。今まで生きてきて、男性的な考えを持った時、私は自分がおかしいのではないか?そう思っていたことが、テストで実際に結果として表れることで、自分を知れ安心したのです。

もしあなたが女性なのに男性的な考えを持っている、あるいは男性だけれど女性の考えに共感する場合、この本のテストを一度受けられてみることをおすすめします!(もちろん読み物としても大変興味深いです)

自分が知らないことで、自分はおかしい・間違っていると思い悩むのではなく、テストを受けてみて、その診断結果で自分はこういう脳・考え方を持っているのだと分かるそれだけで、それと向き合い前に進めることができます!

▼男脳と女脳の本【新装版】▼

IQ 高い トラブル
【IQが高い人は孤独】5つの改善法を教えます!仕事・恋愛でも使える「何を考えているか分からない」。実際IQなど脳の考え方の違いでトラブルになったことがある私が、IQ(知能指数)が高いor周りと差があることで人間関係に悩む人に向けて書きます。私の過去の体験談の中で気づいた5つ掟を「コミュニケーション改善法」としてお伝えします!...
IQ 知能指数
【IQ(知能指数)とは?】会話のレベルが合わないと感じる方へ周りと会話が合わない、また他人から「変わっている」、「何を考えているか分からない」と言われた経験はありますか?これらは私が過去に悩んでいたことですが、そのヒントを見つけました。あなたの性格がおかしい、ねじ曲がっているのではなく、原因は別にありました!...
スポンサーリンク